ぼくの話すことは、全部ネットに書いてある。

週末引きこもり族がカメラ片手に外に出ようとするブログ。

大人になって気がつくいろいろな発見【群馬の森/群馬近代美術館】

自宅からわりと近い群馬の森に行ってきました。

f:id:aino123:20181008232108j:plain

行ったのは小中学生ぶり。
すぐ行ける場所にあるところほど意外とあまり行かなかったりしますよね。

f:id:aino123:20181008232340j:plain

"森"というよりも、広めの公園で住民の憩いの場になっています。

元々は陸軍の火薬製造所~日本ダイナマイト発祥の地~

所々に火薬製造所だったころの名残があります。

f:id:aino123:20181008232805j:plain

奥の太いトンネルに見えるものが小火器専用の射撃場

f:id:aino123:20181008233029j:plain

「我が国 ダイナマイト発祥の地 陸軍岩鼻火薬製造所跡」

群馬の森の隣には日本最初の火薬メーカーである「日本化薬株式会社(日本火薬製造株式会社)」の工場が現在も存在しています。

群馬県立歴史博物館/群馬近代美術館

群馬の森で忘れてはならないのが歴史博物館と近代美術館。
どちらも特徴的な建物です。

The Museum of Modern Art,Gunma

f:id:aino123:20181008233557j:plain

今回は写真撮影のヒントになったらいいなと近代美術館を見学しました。

f:id:aino123:20181008234023j:plain

常設展ではルノワールピカソモネムンクロダン
芸術の知識がない私でも知ってる有名な作品が収蔵されています。

特別展ではサラ・ベルナールの世界というものをやっていました。
誰ぇ?と思いましたが、ヲタクが大好きミュシャを好んでポスターに起用した女優ということで、ミュシャの作品が数多く展示されておりました。
東京都美術館で行われたミュシャ展に興味がありつつも結局行かなかったこともありラッキー♪

The Museum of Modern Art,Gunma

これがあるから楽しい目的地なしのドライブ[彼岸花]

埼玉を東松山方面を目指してドライブしてきました。

主に撮影したのは彼岸花

f:id:aino123:20180923214404j:plain

色がギトギトだぁ……
といっても有名所の巾着田ではありません

途中で林の中に群生しているのを見かけ、急遽Uターンして撮影に入りました。
寄り道こそノープランの醍醐味。

嬉しい出会い

農道に車を駐めて群生地に行く途中きのこを発見。

f:id:aino123:20180923214849j:plain

前の週、自然公園で撮影したジメジメした森の印象が強かったため、民家に囲まれた日当たりの林で出会うとは思いませんでした。

くりきのこ

栗も落ちてたのでサイズがわかるように。

きのこ

こんなに日当たりいいのになぁ。

彼岸花

f:id:aino123:20180923215404j:plain

他の方の写真を見ていると、露出アンダーで赤を強めた重い現像の写真が多い気がします。

紅白

白い彼岸花。アンダーだと目立たないので少々ハイキーに。
「シロバナ曼珠沙華、アルビフロラ」といってとても珍しいそうです。
もっと撮っておけばよかったなぁ。

f:id:aino123:20180923215859j:plain

蝶だ!(カシャカシャカシャ

彼岸花/Lycoris radiata

彼岸花/Lycoris radiata

彼岸花/Lycoris radiata

彼岸花/Lycoris radiata

彼岸花/Lycoris radiata

大満足しました(欲を言えばもっとキレイに撮りたかった)。
撮影枚数が終わったので東松山まで行かず帰りました。

雑記

フルサイズミラーレス関心度順

  1. Panasonicミラーレス:将来的に有機CMOS/Foveonとかできそうなシステム
  2. Nikon Z6:安心できる
  3. Sony α9:α7iiiのファインダー覗いたら気持ち悪くなったけどα9は大丈夫だった

 

じめじめきのこ[赤城自然園]

f:id:aino123:20180913001745j:plain

写真教室で赤城自然園に行ってきました。

狙いは渡りの蝶...だったのですがあいにくの雨で蝶にはあまり出会えず。

赤城自然園について

フシグロセンノウ : Lychnis miqueliana

赤城自然園は群馬県渋川市赤城町にある民間企業の自然観察園です。

赤城と名が付いていますが、山ではなく前橋市街から30分ほどとアクセス良好。

tsuta

入場料は1000円と少しお高めですが、しっかりと整備されています。

セゾンカードを持っていれば500円、年パスは3000円。

f:id:aino123:20180913001733j:plain

きのこ

kinoko

ジメジメした森にはきのこがたくさん生えていました。

きのこを大きく撮影しようとすると、最短撮影距離にヤキモキします。
マクロレンズがほしい。

f:id:aino123:20180913001701j:plain

サイズ感がわかるものを一緒に写すといいよ!
ってことでどんぐり

どんぐりはノータッチだったのですが、ちょっと移動させても良かったかなぁと思ったり。

f:id:aino123:20180913001638j:plain

ジメジメした森は露出アンダーで撮ると雰囲気が出る...アンダーにしすぎました。

f:id:aino123:20180913001714j:plain

背景が茶色いと埋没してしまいます。暗闇や緑を背景にできる場所を狙いたい。

f:id:aino123:20180913001740j:plain

季節ごとに花や昆虫の見どころが変わるそうなのでまたいきたいところ。

洞窟撮影の基本(受け売り)【上野村/不二洞】

不二洞 Fuji Limestone cave

写真教室で群馬県多野郡上野村に行ってきました。
夏はキャンプで賑わう群馬県で一番人工が少ない村ですが、今回の目的は不二洞。天然の鍾乳洞です。

洞窟撮影の基本

事前準備・設定

  • 不二洞の場合はLEDでライトアップされているが、ISOは最低でも3200
  • 三脚は必須。ただ、通路が狭いため他の人の迷惑になったり洞窟内にぶつけないように注意。
  • 明るい標準ズーム~広角よりの一本に絞るのがおすすめ。洞窟の中は湿気がものすごいため、レンズは交換しないほうがいい。
  • 上から水滴が垂れてくるため、対策したほうがいいかも。

その他注意

  • 洞窟内外の湿度差で、洞窟から外に出るとレンズが一気に曇る。しばらく撮影できなくなるので注意。カメラをタオルでくるんでバッグにしまってから外に出るとマシになる。
  • 撮影後は必ずカメラのケアをすること。

不二洞の周辺

f:id:aino123:20180901000059j:plain

スカイブリッジ

歩行者専用の吊橋としては日本最大規模。30分に一回シャボン玉が飛びます。

f:id:aino123:20180901000131j:plain

谷川岳で見たEVバスと同じバスで不二洞の入り口まで送ってくれます。

DSC_0201_00001

お花もいろいろ植えてありました。

不二洞

f:id:aino123:20180901231221j:plain

入り口は普通のトンネルみたいです。

f:id:aino123:20180901000219j:plain

鍾乳洞までつづく地下歩道のようなトンネル。暑い日でしたが中はひんやり。

不二洞 Fuji Limestone cave

左上の光源が入ってしまったのでトリミング。
光源の影響が大きいので慎重に撮影しなければ。

f:id:aino123:20180901000158j:plain

ピント合わせが非常に難しかったです。
ファインダーを覗いてもピントが掴みにくいですし、ライブビューで拡大してもノイズが乗ってしまってわかりにくい。

f:id:aino123:20180901000250j:plain

狭い通路の後ろから人が来たためブレブレで撮った一枚。
クリーンルームのようにビニールが通路に被され研究所のような雰囲気もありました。

不二洞 Fuji Limestone cave

湿度の高さと上からの水滴で、涼しいけれど快適とは言えない撮影環境でした。

f:id:aino123:20180901000304j:plain

落ちる瞬間の水滴を撮ろうと思いましたが、ちょうどいい光源・タイミング・暗い中でのシャッタースピードなど難易度は高いです。

f:id:aino123:20180901000313j:plain

レンズが曇らないように注意しようとは思っていましたが、外気が入る場面であえなくご臨終。

コウモリも飛んでいましたが、撮影するためにはISO最高にしてシャッタースピードを稼ぎ、とにかく連射するくらいしかなさそうです。
近くにいるのに野鳥より難しそう。

雑記

  • フォトマスター検定申し込みました!勉強はこれから頑張ります。
  • Nikon/Canon/Panasonicと続々フルサイズミラーレス参入で購入迷ってます。とはいえD5600は細かい不満はあれど気に入っているんですけどね。

み「水上谷川 スキーと登山」/夏のスキー場

f:id:aino123:20180824000309j:plain

「水上谷川 スキーと登山」群馬県民なら誰でも知っている上毛かるたの札のことば。
その谷川岳にいってきました。

谷川岳はロッククライマーの聖地であるとともに、非常に遭難者の多いことでも知られています。
しかしながら、絶壁を一望できる一ノ倉沢までは、駐車場から片道一時間ほどの舗装された道で行くことができます。(昔は車で行くことができました)

f:id:aino123:20180824000721j:plain

ちょっとした散歩気分で行って帰ってこれます。
ベビーカーを押している家族やロードバイクの人まで。

f:id:aino123:20180824000656j:plain

EVバスも出ています。

下から羽を透かして

道中たくさんいたとんぼ。
いろいろなアングルで撮影してみました。
飛んでいるところを撮ろうとしたけどそれは一度も成功せず。

f:id:aino123:20180824000759j:plain

現像してて、羽が輝いていることに気がつく。

f:id:aino123:20180824000848j:plain

空気が澄んでいて、遠景までくっきり撮れました。

狼煙

一ノ倉沢にて飛行機雲が立った様子。
すぐ散ってしてしまうので時間との勝負でした。

f:id:aino123:20180824000920j:plain

一ノ倉沢の拡大。こういう岩壁をクライミングするんでしょうね。

f:id:aino123:20180824000946j:plain

ropeway

頂上のスキー場まではロープウェイが通っています。
登山道もあるので体力がある人はそちらをぜひ。

夏のリフト

複数あるスキーリフトの一つだけ可動してます。
帰りも乗りましたが、下りのリフトに乗るのは初でした。

f:id:aino123:20180824001331j:plain

ぐんまちゃん

ハイキング

猫を撮りに行く[群馬県の猫スポット]

「カラー新版 ネコを撮る」に触発されて猫を撮ってきました。
プロカメラマン による指南書は、淡々とした実用書とは異なりモチベーションに訴える部分が多くてなかなか良いです。
プロが何を考えながら撮っているのかも学べますしね。
森山大道プロの「路上スナップのススメ」もおすすめ。


群馬県で猫を撮る

さて、猫を撮ろうと思ったはいいけれど、近所で野良猫を見る機会があまりない。
当たり前だけれど、ネコを撮るためには時間と場所が重要。

どうやら群馬県内だと多々良沼が猫スポットとして有名らしいです。
ネコが活発に活動する時間帯は朝4時~6時頃もしくは夕方
特に夏場ですので涼しいときに動き出すようです。

f:id:aino123:20180812225736j:plain

駐車場の隣のトイレでいきなり遭遇。暑さにバテてます。
タイルが気持ちいいのかなぁ
すぐ近くにもう一匹いました。

f:id:aino123:20180812225933j:plain

期待させる看板(ホントに迷惑なんだろうけど)

頭と尻 - head and hips

木の又で休む二匹の子猫。

木陰2 - Shade2

おみ足を見せてくれました。
300mmで気持ち離れて撮りましたが、あまり警戒心がありません。
ネコは速い動きが嫌いなので、焦らずにゆっくり行動することを心がけました。

f:id:aino123:20180812231701j:plain

とはいえ猫の行動は私には予測不可能。
とっさのシャッターチャンスにピンぼけ。それに
人間、動物の写真は瞳が命とはわかっていても、日陰じゃ如何ともし難いです。

木陰1 - Shade1

しばらく寝顔を眺めてました。

ボス - boss

ボス猫っぽい風格。物怖じせずにこちらに近づいてきました。
日が傾いてくると、猫たちがだんだんと動き始めます。

DSC_1922_00001

夏バテ2 - Summer bate2
斜めからの光源はガラッと印象が変わりますね。

撮影の時間帯というのは本当に大切なことだと今更ながら学びました。
ライティングを意識した撮影が今後の努力目標です。

館林美術館

撮影前を行う前に、県立館林美術館に行きました。

館林美術館

大きな曲線で作られた特徴的な建物です。

常設展としては動物の彫像が展示されており、特別展としてデンマーク・デザイン展が開催されてました。

f:id:aino123:20180812231729j:plain

デンマーク展でちょっと気になった広告ポスター。

f:id:aino123:20180814000647j:plain

「BeoMaster1900(デンマーク製のチューナー)に驚く日本人記者」

カメラが2台ともNikon F(多分)ですw

事前調査なしドライブ【群馬県藤岡市<下久保ダム>/群馬県多野郡神流町<丸岩> 】

久しぶりの更新。
事故を起こし意気消沈したり、ニコンのミラーレスの発表を見て元気になったりしてました。

群馬県藤岡市下久保ダム

f:id:aino123:20180724233315j:plain

下久保ダムは、群馬県藤岡市埼玉県児玉郡神川町に挟まる神流川のダムです。

f:id:aino123:20180724233406j:plain

撮影地点の橋(藤岡側)

f:id:aino123:20180724233421j:plain

撮影地点の橋(神流町側)

下久保ダム

霧が湯気のように立っています。

群馬県多野郡神流町<丸岩>

下久保ダムからさらに上流にある神流町
恐竜の足跡恐竜センターが有名ですが、今回撮影したのが丸岩

f:id:aino123:20180724233630j:plain

周囲50m高さ15mの岩が川の真ん中に落ちています。

f:id:aino123:20180724233706j:plain

よく見たら、てっぺんに小さな社がありました。

丸岩とあじさい

ちょっとピンぼけあじさい。

丸岩と社

丸岩の隣にあるのが鮎神社

太古の昔、日本国中を周られた神様が丸岩で休んでいたところに、鮎が差し入れられて神様が大変喜んだという由来があるそうです。

f:id:aino123:20180726005427j:plain

ハートが入った灯籠。近年整備しなおしたみたいですね。

秩父長瀞周りで帰宅。霧が非常に濃い日でした。

f:id:aino123:20180724233514j:plain